ハロウィンの楽しむ方法

夏が終わると、ハロウィンの季節がやってきますね。
ショッピングモールはもちろん、小さなスーパーでも特設コーナーがあったりします。
私が小さい頃は無かったはずなので、
一体いつからこんなにメジャーなイベントになったんでしょう。
家には園に通う子供がいるのですが、やはり、この季節になると何かしら作って帰ってきます。
昨日は、カボチャの折り紙を作ってきました。
ジャック・オー・ランタンですね。
そしていよいよ聞かれてしまいました。
ハロウィンパーティはいつやるの?と。
去年までは何とかごまかしてきたのですが、さすがにそろそろ陳腐な言い訳は通用しません。
園のお友達に何か自慢されてきたようで、本人はパーティする気満々です。
田舎なので、近所を練り歩く、というのはできません。
仮装をすればいいのでしょうが、それを着てお家でお菓子でも焼けばいいのですかね。
もしくは、かぼちゃ系統の料理を作るのでしょうか?
以前、子供関係の仕事をしていた際に、やはりハロウィンをやりました。
本来の意味をすっとばして、お菓子をもらえる日、だと思っている子がほとんどです。
クリスマスは好きなのですが、頭が固いのか、まだハロウィンは私に浸透してきません。
何とか楽しみたいと毎年思うのですが、イマイチ張り切れない自分がもどかしいです。
今年は何かやろうかな、と思う日々です。